omiyage_tahiti.jpg 失敗しないタヒチ旅行を! 350tahiti-youtube.gif 350-RANKING-1.jpg

2012年07月24日

ゴーギャンの絵画の摸写をコレクションしていて、今では150枚ぐらいもあるそうです。


なんと、私たちはゴーギャンのお孫さんと遭遇したのだ。

これは凄いことだ。
マルセルさんという方で画家ゴーギャンのお孫さんにあたります。

マルセルさんはゴーギャンの横顔に似ています。横顔→タヒチと魅力と醍醐味 地上最後の楽園
たくさんのゴーギャンの絵画の摸写をコレクションしていて、今では150枚ぐらいもあるそうです。 
お話好きで、ゴーギャンさんみたいですよ。 ゴーギャンがタヒチ島に住んでいた時、エミールさんという息子さんができたようですが、その人の息子さん(ゴーギャンのお孫さん)の一人です。

光と風とブルーラグーン 光と風を全身に感じて… 澄みきった空気を胸いっぱいに吸い込んで、思わず笑顔がこぼれる白とブルー パールホワイトとターコイズブルーの世界が一瞬にオレンジ色に染まる甘い時間。風の囁きとブルーラグーンの揺らめき…。透き通り清らかな海に抱かれて、カヌーで運ばれてくる2人だけの朝食から始まる優雅な休日を堪能する。 汚れをなくし心の底から純粋な自分に生まれ変われる。時間の束縛から解き放たれて、海の青さに素直に感動する。そんな無邪気な自分に気付いて、ちょっとうれしくなってみたりする。 苛立ったことも、沈んだ気分も何もかも溶かしてくれそうなそんな気がするタヒチのクリスタルブルーの静けさ。タヒチアン女性の美しさは瑞々しい自然と出会ったよう。その笑顔や変わらない海や、一年中咲き乱れる花々の香りに心安らぐ…。 至高の楽園で、透き通る清らかなタヒチアンブルーに抱かれ、優しい光に迎えられるのは、タヒチでしか味わうことのできない至福のエッセンス。

現在では、インターネット上に様々な情報が氾濫していて、タヒチに行こうと考えてる方が情報(誤った情報を含む)をお持ちの場合も多くなりましたが、タヒチの本当の魅力は、やはりネットでは到底表現できません。ありきたりの資料やデータに記されている範囲の情報では、一生に一度、しかも旅行費用も高いビーチリゾートのタヒチを候補とされるお客様に満足を与えることなどできず、またお客様との信頼関係も生まれなくなってしまいます。 見て・聞いて・体感したタヒチを良いことだけではなく、ネガティブな部分も正直ご案内していきたいと考えております。
posted by タヒチLOVE at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴーギャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

ゴーギャンは楽園を求め、タヒチに渡ったのは1891年。

ゴーギャンは楽園を求め、タヒチに渡ったのは1891年。当時は彼が夢に見ていた楽園タヒチではなかった。貧困や病気に悩まされたゴーギャンは帰国を決意、1893年フランスに戻ったのであった。パリに戻ったゴーギャンはアトリエを構えるが、絵は売れない。

謂れでは同棲していた女性にも逃げられた、フランスでの居場所を失ったゴーギャンは、また1895年にタヒチに渡航した。

なにか彼のなかで魅力的な楽園があったのかもしれない。彼の旅の心を理解するのが彼の行動で読み取れるのかもしれない。

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』1897-1898年(ボストン美術館)という記録が残っている。

これは彼の想いがタヒチ、当時の時代背景で通じる何かがあるのかもしれない。
そして、タヒチに戻っては来たものの、貧困、病苦、妻との文通も途絶えたゴーギャンは希望を失った。
死を決意。こうして1897年、貧困と絶望のなかで、遺書代わりに畢生の大作『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』を仕上げた。
しかし自殺は未遂に終わった。マルキーズ諸島に渡り、地域の政治論争に関わったりもしていた。1903年に死去。

ゴーギャンの人生とタヒチは深い深い繋がりがありました。

現在ではやはりタヒチらしいといいますか、教会での挙式がゴーギャンを偲ぶ場所の一つであり現在の挙式をしている様子がゴーギャンが見いていた楽園の光景かもしれません。

ゴーギャンが、訪れたタヒチと今現在とは違うということが考察できるのである。

タヒチを知る近代史としてはゴーギャンの言葉は重要なタヒチを知る"きっかけ"を与えてくれたのだ。
また、タヒチに魅了される者としての彼の言葉は歴史をしる重要な手がかりになるのかもしれない。

彼は一度タヒチを離れたのになぜまたタヒチに再度戻ったのか。

またパリに一度は帰ったが彼は職業であり本人の商売道具である絵が売れない。

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』という彼の想いはもしかしたらタヒチに楽園を求めたが彼の人生のそのときの想いが反映されているのか。

画家などの職業はなんとも時には皮肉なこともあるのかもしれない。その皮肉というのは、人生での皮肉かもしれない。生涯で生存中の時には作品が評価されないのであるが、亡くなった後、後世の人間が作品を評価するということである。

アーティスト、音楽、芸術と呼ばれる分野では、このようなことが繰り返されているのは皆様のご存知のとおりである。






聖ジョン・バプティスト教会(マタイエア) ゴーギャンもゴーギャンに訪れた教会


posted by タヒチLOVE at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴーギャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
右斜め上タヒチ情報ランキング

ひらめきランキングに参加中です!わーい(嬉しい顔)
----- 海外航空券が10枚が当たる無料会員登録キャンペーン実施中 ----

24時間即時回答可能な海外格安航空券予約サイト!
海外格安航空券のインターネットで予約を24時間即時回答出来るサイトを、
世界に先駆けて開始した。
24時間いつでも海外格安航空便を空席状況を確認し予約が出来きる。
開設して3年で、会員19万人、売上は30億円を突破した。
格安のエコノミー、ビジネス、ファースト、PEXまでインターネットで24時間 即時予約
回答ができるのは初めてである。。
詳細な季節料金、スケジュール、空席状況が見られる 有益な人気サイトです。常時、
常時、無料海外航空券が当たる会員登録キャンペーンを行っている。
毎日、200以上の新規会員登録のある人気サイトです。

            
http://www.etour.co.jp/
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。