omiyage_tahiti.jpg 失敗しないタヒチ旅行を! 350tahiti-youtube.gif 350-RANKING-1.jpg

2012年08月14日

クレジットカード払いか現金払いか

これは紹介するかどうするか迷いました。紹介します。裏技といいますか、クレジットカード払い or 現金払いかというテクニックと選択肢です。

二人でタヒチを挙式込みで楽しむ場合、御両親の旅行費用含めて6名(新郎、新婦と両家の御両親)で8日〜10日で300万〜という風にとりあえず観てみます。あくまでも挙式を厳粛に行う場合ですよ。お二人でのハネムーン旅行だけならば、もう少し下がると思っても良いでしょう。

挙式を含めてということですと仮に300万円または400万円掛かるとして、それを旅行代理店などを使って交渉しますよね。そこで、これは大手の旅行会社では担当者が新米だったりとかで使えないかもしれませんが、ある程度の専門の旅行代理店では窓口の担当者に決定権がありますから、交渉がスムーズです。

なにの交渉するか?ということです。これは車を買う時と同じ仕組みです。家もそうかもしれません。クレジットカード決済も出来ますが、それだと旅行代理店が手数料をクレジットカード会社に決済料の数パーセントを支払いしなくてはいけないので、さらには振込みが遅かったりとかもございますので、必然的に価格は上がります。そして下げません。だから、どのようにすればよいのかというと、『クレジットカードではなくて、現金で払うから価格を少し考えていただたら嬉しいのですけれども』というようなニュアンスで交渉するのです。

そこで、あんまり『安くして、安くして!』という表現はナンセンスであります。それとなく、阿吽の呼吸です。すれば、いろいろと旅行代理店の担当者は考えてくれることでしょう。そう思いませんか。

クレジットカードというとポイントが貯まるという魅力がありますが、旅行代理店というのはそういうのも視野に入れた価格設定をいろいろなプランでしているのでありますから、一番両者にとって良いのは、喜びがあるのは現金一括払いではないでしょうか。

たとえばプランやお部屋の変更というのがスケジュールが忙しいとどこの旅行業者も何回かメールなり電話なりで問い合わせや確認があったりする時もありますから、その辺も考えて一括で払えるという挙式費用・旅費があるならば、そのように旅行代理店の担当者に『クレジットカードではなくて、現金で払うから価格を少し考えていただたら嬉しいのですけれども』というようなニュアンスで交渉するのが良いでしょう。

するとどうなるのか、300万円という設定の価格が、290万円になったり、400万円する旅行プランが380万円になったりする可能性もあるということです。さらにプレゼントももらえたりとか、何かサービスも付けてくれたりとかそういうもんです。





posted by タヒチLOVE at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
右斜め上タヒチ情報ランキング

ひらめきランキングに参加中です!わーい(嬉しい顔)
----- 海外航空券が10枚が当たる無料会員登録キャンペーン実施中 ----

24時間即時回答可能な海外格安航空券予約サイト!
海外格安航空券のインターネットで予約を24時間即時回答出来るサイトを、
世界に先駆けて開始した。
24時間いつでも海外格安航空便を空席状況を確認し予約が出来きる。
開設して3年で、会員19万人、売上は30億円を突破した。
格安のエコノミー、ビジネス、ファースト、PEXまでインターネットで24時間 即時予約
回答ができるのは初めてである。。
詳細な季節料金、スケジュール、空席状況が見られる 有益な人気サイトです。常時、
常時、無料海外航空券が当たる会員登録キャンペーンを行っている。
毎日、200以上の新規会員登録のある人気サイトです。

            
http://www.etour.co.jp/
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。