omiyage_tahiti.jpg 失敗しないタヒチ旅行を! 350tahiti-youtube.gif 350-RANKING-1.jpg

2012年08月17日

外国為替の変動に注目する、ユーロが下がっている時にはチャンスあり

イオラナ!なんと言っても、いい時に海外旅行は行きたいものですよね。そうです、今回は為替についてでございます。この為替の変動で5年前、10年前は高かったが、今は下がっているという時こそ狙い目だったりするのですよ。それはタヒチで考えると今はユーロで計算してよいでしょう。現地に行くと、たとえば"-Cfp" (フラン)通貨単位だったりしています。それを日本円に換算する時には、ユーロと同じです。

ユーロといえば、5年前と比べて今随分と下がってきましたから、日本人もタヒチに随分と行きやすくなりました。今まで諦めていたタヒチ、行ってみようかなと思っていたタヒチにも5年前よりかは気軽に行けるということでもございます。なんといっても、最近では卒業旅行でタヒチに行くという女子会プランのような打ち出し方の旅行プランも出現するくらいですから、今までハワイ・サイパン・アメリカなどの旅行とはまた違う印象というのがあるのではないでしょうか。

それにしても一番人気はやはりハネムーンということになりますがね。その次に多いと思われるのが教会での挙式+ハネムーンということです。

海が好きという方、スキューバーダイビングなどがお好きという方は是非、一度は珊瑚がある海で思い切り潜り自然を満喫するというのもよいかもしれません。それもお金のかかる話になりますから、やはりユーロの動きというのにも注目しつつ、『あ!今、安い!』と思ったら、その時にこそ行く準備を整えてとりあえず行くというのが良いのかもしれませんね。あとは計画です。プランです。今はネットで色々な情報収集が出来ますから、いろいろなプランが存在していますので、よくよく調べて、そして予算を決めて、レッツゴーであります。


ラグーン内あるいは外洋のダイビングを楽しむことができます。いずれも潮流に影響を受けないので、初心者でも安心して南太平洋の楽園でのダイビングを楽しむことができます。7月から11月には子育てのために近隣の島々に立ち寄るザトウクジラの親子と遭遇できる可能性もあります。
続き→サンゴ礁に群れるカラフルな魚たち、群れをなして泳ぐエイ、大物との遭遇… 世界屈指のラグーンを誇るタヒチならではの醍醐味目



posted by タヒチLOVE at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

自然環境、海の環境を考えるキッカケを与えるくれます。

タヒチに行った人の体験談では、環境に関する体験も豊富あります。今まで日本では特に都会で過ごしている分にはそれが見えなくなってきるという考え方であります。日本では沖縄の海も綺麗でありますが、タヒチの場合は海に関して政府が珊瑚礁の養殖をしながら海の鮮度を保ちリゾート地として日々努力をしている島ではないでしょうか。世界から旅客が来ますし、また、ハネムーンでは日本人は大歓迎されると言っても過言ではないでしょう。最近では、結婚30年目の節目としてご夫婦で行く方々もおりますし、様々です。海がものすごく綺麗ということで皆、都会の疲れを癒しにいくという場所になるかもしれません。



晴れている時の海をスノーケルではこんなに海が綺麗なんですよね。わーい(嬉しい顔)

人は自然の生き物でもございますから、同じく自然に触れて、理解して、理解というのは机上のお勉強ではなくて実際に体験してみる。ということではないでしょうか。そうすると、海って素敵だなとか環境に感謝する心を持つきっかけを改めて与えてくれるのタヒチの珊瑚の海でございますね。

続き→→→タヒチ旅行・ハネムーン: ティケハウ島周辺の海と珊瑚礁



posted by タヒチLOVE at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポアソンクリューとバゲット 最高に美味で贅沢!



これはよくタヒチに行くとあるサラダ(左)です。このサラダは、ポアソンクリュまたはポアソンクリューと呼ばれています。このサラダの特徴は、ずばりココナッツミルクであります。ココナッツミルクで和えてあります。新鮮な野菜とココナッツミルク、これは日本で食べるよりかも現地で食べるのがやはりベター。わーい(嬉しい顔) 特に、ハネムーンでのランチの際には一度は食べたいところではないでしょうか。

ビールとも相性がよいですし、ランチタイムには是非是非お試しあれ!というところです。
世界で生魚を食べる習慣のある日本、そしてタヒチも実は生魚を食べる習慣があるのです。現地では人気の料理です。タヒチレモン(taporo)でしめます。そして、いろいろな野菜と一緒にココナツミルクで和えたサラダ。ココナッツミルクとサラダ?と思うかもしれませんが、これが美味しいのですよ。それを知った人々は日本に帰国してから、タヒチの味を再現するのであります。

▼タヒチも島、日本も島という共通点
日本も島でありますし、タヒチも島であります。大きさは異なりますが同じ島には変わりません。この生の魚を食べるという食文化というのは私たち日本人にはどこか安心できるというのも旅の時には実感できるのではないでしょうか。

タヒチ旅行・タハア島からライアテア島ウトゥロアへ
posted by タヒチLOVE at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチのグルメ・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行代理店に出向いて、担当者の見分け方

旅行代理店に出向いて、担当者の見分け方という裏技でもないですが裏技カテゴリーとして掲載します。

これは、たいてい大きな旅行会社の担当者ですと、『本当にタヒチ知っているのかな?』と思ったりする場面があるのではないでしょうか。それは、トークです。セールスでございますから、窓口の方もお給料をいただいて旅行を売るわけでございます。そして買い手である消費者がそこで買うか買わないかということでもございます。タヒチという旅行に興味がある方々がこのブログをもちろんお読みになっていることと思います。そして、そのタヒチでさらに楽しみたいという方向けに情報の提供をしております。どのように見極めていくのか?ということでございますが、実際にタヒチを知ってる人というのはこのように話をしてきます。『水上バンガロー着いたら、ウェルカムシャンパンを二人で開けて・・・』とたいていハネムーンが多いと思いますから、これくらいのトークがないと行ったことがないのかもしれません。また、必ずと言っていいほど体験者は語りますから、『私も何度も行っているのですが・・・』などのトークというのがあるかと思います。そうなってくると、旅行代理店の窓口での担当者は若い人よりもベテランの人のほうが説得力があると思うし、そういう人にお願いするということが実は色々と特に初めての方にはもってこいの話になります。それは知ってるからこそ、手短に『これとこれとこれは、持っていたほうが良いよ。』という説明なども簡易的にその場でたいてい1時間か2時間のお話の中で金額と要望を知り、アドバイスをくれるのが旅行代理店の窓口の担当者であります。本来、そうなのであってほしいのでありますが、しかし、現実、今の旅行代理店というのはそうではなくて、なんでもパケっケージ化して宣伝でもって集客して、売る売るという手法が取られているのかもしれません。

しかし、想うにせっかくの予算を100万円、200万円と掛けて旅行だけで使うのですから、ちょっとしたことかもしれませんが、タヒチを知らない旅行代理店の窓口担当者ではなくて、タヒチを知ってる旅行代理店の担当者のさらにはベテランと出会うのがオススメであります。

posted by タヒチLOVE at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

モルティブとタヒチ、どちらかに迷っているという場合

モルティブとタヒチ、どちらかに迷っているという場合は、これは本当、難しい選択になります。どちらも水上バンガローがありますしネットで検索してみてみると海もどちらも綺麗ですからね。ただし、どちらも経験した者が言うには『タヒチ』という声がなんとなく、なんとなくあるような感じではないでしょうか。建物の水上バンガローが云々ということではなくて海の透明度という点ですね。価格的にみたらコストパフォーマンス重視で考えるとモルティブかもしれません。タヒチはちょいと高いです。飛行機代も高いですし、ハネムーンで楽しむのもモルティブから比べると日本円と通貨の関係でタヒチは価格的には高いかもしれません。楽しむというのはアクティビティの費用とかその他諸々です。ですから、コストパフォーマンス重視でモルティブとタヒチの2者選択で考えるとモルティブが良いのかな。と思うのでありますが、海の透明度という観点で考えるとタヒチなのかもしれません。どちらも二つ行ってみるというのが一番、人間として納得するのではないでしょうか。

何を重視するかでモルティブとタヒチは分かれますね。これは日本人が目にするリゾート地としてはある意味ライバル関係にあると言っても過言ではないでしょう。タヒチよりもモルティブのほうが旅行代理店は売り安かったりとか、やはり価格的な点でそうなるのかもしれません。

海の透明度にこだわりがあるという場合は、タヒチかもしれません。

水上バンガローだけ泊まりたい!という場合にはモルティブになるでしょう。

いずれにせよ、ハネムーンで多くのお金を使うご計画なわけですから、重視するところは重視するという計画を二人で考えて、意見を交換して旅行プランのガイドラインの大筋をたてるというのが一つ大事なのかもしれません。そのためにモルティブに強い旅行代理店とタヒチに強い旅行代理店に足を運び2者選択し決めていくというのもよいのかもしれません。あとはクチコミサイトや個人が配信している現地情報のブログなどからも情報収集もとても有意義になるでしょう。

タヒチが楽園と呼ばれるのは、海の綺麗さというのが一つありますね。その海を綺麗に保つための珊瑚礁が豊富あるという点が海が綺麗に保たれているという証ではないでしょうか。



posted by タヒチLOVE at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
右斜め上タヒチ情報ランキング

ひらめきランキングに参加中です!わーい(嬉しい顔)
----- 海外航空券が10枚が当たる無料会員登録キャンペーン実施中 ----

24時間即時回答可能な海外格安航空券予約サイト!
海外格安航空券のインターネットで予約を24時間即時回答出来るサイトを、
世界に先駆けて開始した。
24時間いつでも海外格安航空便を空席状況を確認し予約が出来きる。
開設して3年で、会員19万人、売上は30億円を突破した。
格安のエコノミー、ビジネス、ファースト、PEXまでインターネットで24時間 即時予約
回答ができるのは初めてである。。
詳細な季節料金、スケジュール、空席状況が見られる 有益な人気サイトです。常時、
常時、無料海外航空券が当たる会員登録キャンペーンを行っている。
毎日、200以上の新規会員登録のある人気サイトです。

            
http://www.etour.co.jp/
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。