omiyage_tahiti.jpg 失敗しないタヒチ旅行を! 350tahiti-youtube.gif 350-RANKING-1.jpg

2012年07月23日

ハネムーン、アクティブ派のカップル

ボラボラ島
ハネムーンでアクティブ派のカップルは、ボラボラ本島に位置する(特にマティラ岬周辺の)ホテルなら、ホテルへアクセスする島の周回道路を往来する大勢のタヒチアンの普段の生活を垣間見ることができます。 また、ホテル近くのお店(Magasin)などでは、運がよければ焼きたてのバケットパンやサンドイッチなどを買うこともできます。ちょっとした民芸品や、タヒチアンで賑わうスナックフードのお店にも気軽に立ち寄れます。 また、島の中心ヴァイタペ村へもサイクリングで訪れるのも良いでしょう。 モツ(環礁の小島)に位置するホテルでも、ヴァイタペ村へのシャトルボートが運航していれば、これらの楽しみを得ることも可能です。せっかくの貴重なボラボラ滞在なのに「Ia Orana(イア・オラナ)!」=(タヒチ語のあいさつ)も使わずに帰国するのは、もったいないことです。

ホテルごとに異なるロケーション
fsb01.jpg
写真はボラボラ島のフォーシーズン・ボラボラ
波音さえ聞こえない静かなのが特徴とするラグーンなのに、外洋(アウターリーフ=サンゴ礁の外)に近く、ひと晩中「ザブ〜ン」という荒々しい波音を耳にしなければならなかったり、ホテルが建ちならんでいるエリアでは、隣接するお向かいのホテルの雑踏が風に乗って聞こえてきたり、音をを遮る高い建物が無いタヒチでは、思いがけず静かな<楽園>の期待を裏切られるような滞在を強いられないようご注意を!! また、お食事も滞在型のリゾートでは欠くことのできない楽しみのひとつ。 滞在するホテルのレストランの評判が良くても、朝、昼、晩のい3食を同じレストランで、同じシェフのつくる料理を、 同じゲストの顔ぶれでは飽きてしまうので、地元のレストランを利用できるかどうか?? タヒチアンが集うローカル・レストランの利用が立地的に可能かどうか?? また本島(タヒチアンの生活エリア)へ気軽にアクセス出来るか、どうか?? こんな情報はツアーパンフレットや一般の旅行代理店にはありませんが、意外と重要なポイントかも知れません。

おもてなしを感じる滞在

リゾート滞在では、1つのホテルに長く滞在してこそ、その良さを実感できます。 普段、同じ場所の、しかも同じホテルに5泊も7泊もする経験なんてあまりないでしょうが、ここボラボラ島を訪れたカップルの100%が、帰国後の感想では異口同音に『ず〜っとボラボラにいたかった・・・』とか、『日本に帰りたくありませんでした・・』と記されています。 長く滞在する場合は、お部屋(バンガロー)だけではなく、パブリック施設やビーチの良し悪し、レストランの味やホテル従業員の評判も重要なポイントになります。 例えば、ビーチが狭く、お部屋だけでしか過ごせない。せっかくの高級リゾートのはずなのに、夕食は2回転の予約制だったり、時間の集中する朝食時は長〜い列が出来てしまったり、ホテル係員が少なく、荷物が中々お部屋に届かない。。などなど・・・。 せっかく素敵なお部屋(ハード面)に滞在できても、それ以外(ソフト面)で満足できなければ、<楽園>の本当の姿を味わった事にはならないでしょう。 旅は、出発前から楽しむものであり、その土地の人との出会いでもあります。笑顔のまま滞在できる《おもてなしを感じる滞在》を楽しまれてください。 距離的にもお値段からも、ハネムナーにとっては文字通り「生涯の想い出」をつくるボラボラ島の水上バンガローの快適滞在に際して、 最も大切なことは、当然のことながらホテル選びです。 悔いのないホテル選びには、まず、お2人の滞在目的を明確にすることです。

わかりやすい!→ボラボラ島の水上バンガロー徹底的に解説してます!



posted by タヒチLOVE at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハネムーン 夕方ビーチから水上バンガローを背景に コーラルガーデン



夕方ビーチから水上バンガローを背景に コーラルガーデン

スノーケルを開始したけどホテルのモツから直接歩くか泳いでたどり着けます。


海を眺めながらスノーケールする前

タハア島周辺の海をスノーケルしてみます。まずはコーラルガーデンと呼ばれるホテルのプール側にある珊瑚礁へ、私たちはカヤックで対岸のモツに渡ってからスノーケルを開始したけどホテルのモツから直接歩くか泳いでたどり着けます。



目と鼻の先よ。ただこの対岸のモツにはタヒチアンの家族も遊びに来ていてツタナイ語学力で少し会話できたりフルーツをプレゼントされたりで楽しかったので行ってみることをお勧めします。 コミュニケーション能力は語学力ではないって証明かしら。 水上バンガローの周りには珊瑚も魚もいなくてガッカリしていたけどそれがウソみたいに珊瑚も魚の種類も数も多くてしかも水深は腰ぐらいまでで流れも無くてかなり満足できた。

写真が盛りだくさん!続きはコチラ→ハネムーン タヒチの海と珊瑚礁はとっても綺麗
posted by タヒチLOVE at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | タアハ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハネムーンの時の食事の写真、タヒチの聖なる島ライアテア島からボートで35分

ハネムーンでは写真はたくさん撮りますよね!やはりグルメは見ていても飽きないもんですね。
プールサイドでクラブサンドやハンバーガーも何度も見ても食欲が出てきますね。



朝食ビュッフェ 甘い物


昼食:プールサイドでクラブサンドイッチ


昼食:ここのジュースとノンアルコールカクテルは搾りたてフルーツをたくさん使ってて美味しい:オススメはamour des iles






夕食:毎週火曜のヴァニーユでのビュッフェ形式 寿司




夕食:ルームサービスのチーズバーガー

やっぱり海外で食べる、さらには海の上で食べるハンバーガーが確実に美味しいのであります。

▼部屋のテラスからの海
水上バンガローから入った海には遠浅のブルーラグーンが広がっている。時々大きなヤガラ?やフグ、ブダイ、エイが悠然と泳いでる不思議。 ル・タハアではプール側のコーラルガーデンと呼ばれるポイントへ行ってスノーケルするのがベストです。

水上バンガローの写真や他にも写真が盛りだくさん!→ハネムーン体験談・タヒチで行く前に!ご確認を!
posted by タヒチLOVE at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | タアハ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハネムーン体験談 ル・タハア・アイランドリゾート&スパ

タヒチ
ウェルカムドリンクはブルーペパーミントのジュースだった。

タヒチの聖なる島ライアテア島からボートで35分、ボラボラ島を臨むプライベート・アイランドにある高級リゾートは、雰囲気は水上バンガローのほうが明るい、多少揺れるけど水上バンガローのほうが開放的。
ホテル側はコントロールに力を入れているけど、どの部屋にも蚊や虫・イモリが居る。絶対イヤならタヒチは無理です。多少我慢できる人もイモリのフンが結構落ちてくるので食べかけ・飲みかけの物には絶対フタを。フルーツジュースにはイモリがたかる。

プールファレ
Pool fareまたはpool villa:部屋はベッドルームとリビング、バスルーム、中庭から成りなかり広い。バスタブはバスルームから出た屋外にあるので日が暮れてからは暗いし虫が来たりで使いづらい。中庭に水浴び程度のプール(2x3x1.5m)と東屋、ビーチチェア2脚、芝生の小さな庭がある。テレビは2台あり。ビーチに面している。ビーチからは水上バンガローやタハア島が見える。部屋によってビーチが木陰だったりコンクリートで固めて砂を留めてあったりで当たりハズレ?がある。ただこのビーチから海に入っても珊瑚は無いし魚はあまり居ないしかなり漂着物があるからあまりお勧めできない。たまにエイが何故か泳いでいた。

水上バンガロー
Overwater bungalow:桟橋からドアを開けて入ると東屋のあるデッキにつながっている珍しい造り。周りに珊瑚礁は無く、人工の珊瑚ブロックも置いていないのでベッドの足もとにあるガラステーブルから魚を見ることはそれほど無い。ただどういう訳かエイや大きなブダイが水上バンガロー30番台後半〜40番台の下を毎日数回通る。エイは割と規則正しいルートを通っているよう。 バスルームのマーキス型バスタブは大きくてサイドが海の水面に向かってガラス窓になっていて浴槽につかりながら眼下に美しい海が見える(桟橋と隣のバンガローも見える・・・)

プールファレ スイート
部屋はベッドルームとリビング、バスルーム、離れのベッドルームとバスルームから成り誰が泊まるのか解らないほど広い。2箇所ともバスタブはバスルームから出た屋外にある。中庭に他の部屋より広いプール(3x4x1.5m)と東屋、ビーチチェア4脚がある。テレビは3台ありBOSEのスピーカーがつながっている、CDプレーヤー2台、エアコン3台。ビーチに面している。ビーチからは水上バンガローやタハア島が見える。このビーチから海に入ってもそれほど楽しくない。他の部屋と違うのは部屋数と置いてあった寝巻きが生成りのリネンではなくホワイトリネンになっていたこと+スノーケル用品に加えてマリンシューズが置いてあったこと+ミネラルウォーターを何本も無料で補充してくれたこと、ガス入りミネラルウォーターも無料だったこと、キャンバス地のビーチバッグが常備されていたこと。

部屋周辺の海
水上バンガローのテラスからは直接海に入れる、水深は1mほど。足元は砂地で珊瑚は無く魚は居ない。 幅80cmぐらいのエイが現れる。が、人に近づくことはない。ウミガメはタハアには居ない。 あと、スノーケルの後は毎回バスタブにたっぷりお湯を張って浸かりました。体が冷えているのでラッシュガードとか着たままドボンと。スノーケルに出る前にお湯を張っておくといいと思う。

ビーチ
ホテルはモツ(環礁の小島)に位置しているので目の前はずーっとビーチ。だけど砂を留めておくためにコンクリで固めてある場所が多いので砂浜で遊ぶという雰囲気ではない。ハンモックやビーチチェアが点々と置いてあるのでゆっくりごろ寝するには良い。常にほとんど人が居ない。

プール
ホテルの東北側にプールあり。プールサイドには軽食用のレストラン、プールにカクテルバーが併設されている。午後はプールサイドで読書したりプールに入ってみる人もいたりで人口密度は濃い。

続きはコチラ→タヒチ旅行ハネムーン体験談・タハア島

posted by タヒチLOVE at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | タアハ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

「一生に一度」なんかじゃなく「せっかくのタヒチ」ですから。

タヒチ・ハネムーンの体験談 クチコミの信憑性について

「一生に一度の最後の楽園タヒチ」 思ったことを率直に書きます。 どんな観光地だって一生に一度のはずがないでしょ。キャッチコピーに踊らされて、なぜか「もう来られない」と暗示にかかっている人が多くて、ちょっとでも希望と違うことが発生すると、パニクったりゴネたり〜泣き喚いたり一生根に持ったり・・・ 「一生に一度」なんかじゃなく「せっかくのタヒチ」ですから。 100以上もの島からなるタヒチ(フランス領ポリネシア)、島の魅力はそれぞれ違う。南部と北部では住民の気性も違う。たった一度で何が解るというの? 日本に数日間だけ観光に来た外国人が、本国帰ってから「日本は○○だった・・・」と断言していたら、それを信用するなんて馬鹿げてると思わない? 全てが100%思い通りになるわけないし、ましてや海外、自分の要求と相手の言い分をきちんと理解できる語学力を持った人にさえ、思いがけない良いことも悪いことも当然発生する。 でも気に入ったらまた行けば良い、心残りがあればまた来れば良いんだ、ってことをちょっと頭の隅に置いて楽しもうよ。 「一生に一度」なんかじゃなく「せっかくのタヒチ」ですから。


”ホテルボラボラ” (水上バンガローの真下はお魚天国)
クチコミでしばしば見掛ける「ボラボラ島より、○○島のほうが魚が多い」などなどは、ほとんど嘘ですw  藁(わら)をも掴む気持ちで、クチコミとか経験談ブログ検索している人を惑わす妄言に過ぎません。 あたしも色々クチコミ調べたり質問してから行ったけど、行ってみて解ったこと、行かなきゃ解らないことだらけでした。特にネットで他人の感想を読んで鵜呑みにしては馬鹿を見ます、地理や歴史的背景=真実を見なきゃ。 たとえばボラボラ島にいくつホテル(=ビーチ)があるか知ってますか? 全部のビーチが全部魚影の濃さ(=珊瑚の量)から深さ・流れ・生きてる生物、何もかも違うんです。 この島だけで周囲32kmもあって全部のポイントを知っている人が世界に何人いるでしょ? 今は世界的な環境保護の流れで、生きているサンゴない場所にしかホテルを建設できないから、ホテル周辺にはもともとサンゴ礁は無く、ホテルを建ててから周辺の砂地に珊瑚を植えるんです。(その周辺の砂地さえ遠方から砂を運んできてコンクリで堰き止めて造ってるし。)当然、天然のサンゴ礁には及びもつかない箱庭です。 ※ホテルボラボラだけは例外(環境保護なんていう言葉ができる前に建設された)だったから、生きたサンゴ礁の真上にバンガローが建ってましたが。 だから泊まったホテルや行ったポイントを列挙した上で、「ボラボラ島の○○ホテル周辺より〜○○島のXXポイントのほうが魚が多い」という情報でなければ単なるゴミ情報です。
続きはコチラ→タヒチ旅行や結婚式・ホテル予約 クチコミの信憑性について
posted by タヒチLOVE at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
右斜め上タヒチ情報ランキング

ひらめきランキングに参加中です!わーい(嬉しい顔)
----- 海外航空券が10枚が当たる無料会員登録キャンペーン実施中 ----

24時間即時回答可能な海外格安航空券予約サイト!
海外格安航空券のインターネットで予約を24時間即時回答出来るサイトを、
世界に先駆けて開始した。
24時間いつでも海外格安航空便を空席状況を確認し予約が出来きる。
開設して3年で、会員19万人、売上は30億円を突破した。
格安のエコノミー、ビジネス、ファースト、PEXまでインターネットで24時間 即時予約
回答ができるのは初めてである。。
詳細な季節料金、スケジュール、空席状況が見られる 有益な人気サイトです。常時、
常時、無料海外航空券が当たる会員登録キャンペーンを行っている。
毎日、200以上の新規会員登録のある人気サイトです。

            
http://www.etour.co.jp/
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。