omiyage_tahiti.jpg 失敗しないタヒチ旅行を! 350tahiti-youtube.gif 350-RANKING-1.jpg

2012年07月26日

ハネムーン 夕方:いつもテラスの下に来るエイとサメを待ってます


夕方:いつもテラスの下に来るエイとサメを待ってます ティケハウ島パールビーチ・リゾート&スパ周辺の海 今日は一日鳥の島へ行ったりのアクティビティに参加した。夕方2匹のエイ(それぞれ種類が違うエイだと思う)がテラスの下にきた。
ティケハウ島に着いた初日の15時頃からホテル周辺を簡単にスノーケル 水上バンガロー10番の横に海に降りられる階段がありそこからスノーケルできる。10番からレセプション方向のバンガローの下には信じられないぐらいのサンゴ礁と魚たちが・・・浅いところと深いところがあって50uぐらいの範囲ですごく楽しい。バンガローの宿泊客が気まぐれにパンをまいてくれたりして更に楽しかった。

お魚の写真・珊瑚礁たくさんありっ!全部自分たちで撮りました!

ハネムーン・ティケハウ島周辺の海と珊瑚礁


posted by タヒチLOVE at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハネムーン 鳥の島とスノーケリング 地球の広さを実感できるほど人里離れ


タヒチ <ティケハウ島> アクティビティ 鳥の島とスノーケリング 地球の広さを実感できるほど人里離れたティケハウ島でもいろいろな種類のアクティビティを用意している。

さぁそれでは行ってみますか!!!

もって行くと便利なもの
・スノーケル用品とタオル、フィン持参。 
 ・Tシャツがあった方がいいかも。 
※服装はラッシュガード・サーフパンツ必須、足元は丈夫なスポーツサンダル、サングラス+髪や頭皮はバンダナで保護したほうが良い。 鳥の島は溶岩で出来ているので踏み外すと怪我をする。 環礁の真ん中でスノーケル 現地人ガイドのナガがポイントまで船を出してくれる。ティケハウ環礁の内洋にいくつかある珊瑚礁のひとつに行ってスノーケル。 海自体は深さがたぶん15mぐらいだが珊瑚礁が台形になっていて中央部は水深1mほど、ただし波がある。 鳥の島 ティケハウの固有種の海鳥が生息する島へ、巣を見学。説明がフランス語だったので解んなかった。

モツピクニック
ランチを食べにあるモツへ上陸。小さな美しい島。周りの海にはそれほど魚がいなかったけどハリセンボンがいた。

私たち以外全てヨーロピアンでフランス語堪能。はじめは疎外感があったけど英語も堪能なドイツ人カップルが混ざっていて彼女と話すうちに他のフランス人もつたない英語で私たちに話しかけてきて、そんなに排他的な人たちじゃないことが判明。日本に来たがっているフランス人が居たから沖縄について少し紹介した。 旅先では話の糸口に「タヒチは初めて?」と聞かれるので去年のボラボラ島のことを言うと必ず次は「ボラボラはどこ?」と聞かれる。ホテルボラボラと言うとみんな「あー!良いところね。今閉まってるのよね?」と異口同音。ヨーロピアンもホテルボラボラへの関心が高い。良かった、あそこを選んで。改装後は水上バンガローが無くなるって聞いたから本当にリピーターしか行かない宿になりそうね。楽しみ。 ティケハウに来ていたフランス人の若者も年寄りも半数ぐらいは黄色に冷たい、マナー良く過ごしたけどそれでもアイコンタクトや挨拶を返してくれるのは半分ほどだった。そりゃ偏見もあるし「自分の領土」に言葉も通じないマナーの悪そうな人種がどやどや乗り込んでくるのは誰だってイヤでしょう。私たちは他人の領土にお邪魔してるんだから旅の恥はかき捨て的な傍若無人な行動はいつでも控えようね。そのうち彼らも偏見を捨ててくれるでしょう。

現地写真たくさんあります!行く前にチェック!ハネムーン タヒチ ティケハウ島
posted by タヒチLOVE at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

ゴーギャンの絵画の摸写をコレクションしていて、今では150枚ぐらいもあるそうです。


なんと、私たちはゴーギャンのお孫さんと遭遇したのだ。

これは凄いことだ。
マルセルさんという方で画家ゴーギャンのお孫さんにあたります。

マルセルさんはゴーギャンの横顔に似ています。横顔→タヒチと魅力と醍醐味 地上最後の楽園
たくさんのゴーギャンの絵画の摸写をコレクションしていて、今では150枚ぐらいもあるそうです。 
お話好きで、ゴーギャンさんみたいですよ。 ゴーギャンがタヒチ島に住んでいた時、エミールさんという息子さんができたようですが、その人の息子さん(ゴーギャンのお孫さん)の一人です。

光と風とブルーラグーン 光と風を全身に感じて… 澄みきった空気を胸いっぱいに吸い込んで、思わず笑顔がこぼれる白とブルー パールホワイトとターコイズブルーの世界が一瞬にオレンジ色に染まる甘い時間。風の囁きとブルーラグーンの揺らめき…。透き通り清らかな海に抱かれて、カヌーで運ばれてくる2人だけの朝食から始まる優雅な休日を堪能する。 汚れをなくし心の底から純粋な自分に生まれ変われる。時間の束縛から解き放たれて、海の青さに素直に感動する。そんな無邪気な自分に気付いて、ちょっとうれしくなってみたりする。 苛立ったことも、沈んだ気分も何もかも溶かしてくれそうなそんな気がするタヒチのクリスタルブルーの静けさ。タヒチアン女性の美しさは瑞々しい自然と出会ったよう。その笑顔や変わらない海や、一年中咲き乱れる花々の香りに心安らぐ…。 至高の楽園で、透き通る清らかなタヒチアンブルーに抱かれ、優しい光に迎えられるのは、タヒチでしか味わうことのできない至福のエッセンス。

現在では、インターネット上に様々な情報が氾濫していて、タヒチに行こうと考えてる方が情報(誤った情報を含む)をお持ちの場合も多くなりましたが、タヒチの本当の魅力は、やはりネットでは到底表現できません。ありきたりの資料やデータに記されている範囲の情報では、一生に一度、しかも旅行費用も高いビーチリゾートのタヒチを候補とされるお客様に満足を与えることなどできず、またお客様との信頼関係も生まれなくなってしまいます。 見て・聞いて・体感したタヒチを良いことだけではなく、ネガティブな部分も正直ご案内していきたいと考えております。
posted by タヒチLOVE at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴーギャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

裏情報&裏技 ボラボラ島の高級リゾート



セントレジス・ボラボラ・リゾートには無料で楽しめるプログラムが設定されています(雨天時)。10時から12時半には、ライブラリーでポリネシアのDVD を流しています。時間内には無料のコーヒー/紅茶そしてマカロンの無料サービスがあります。2時から3時半にテ・パフ(Te Pahu)レストランでは、エグゼクティブシェフである フィリップ・エガロン(Philippe Egalon)と セバスチャン・レ・ガル(Sebastian Le Gall)による無料のクッキングクラスが開催されます。1時半から4時には、カヌールーム(バンケットルーム)にて映画上映をします。ゆっくりとくつろぎながらハリウッド映画の2本立てをお楽しみください。ホームメイド ポップコーンとチョコレートクッキーの無料サービスがあります。3時半から6時半には、ラグーン・バーでポーカートーナメントが開催されます。勝者には、シャンパン、ローデレール・ブリュット・プルミエール(Roederer Brut Premier)が贈られます。


▲自慢のワインセラーから蔵出しされたワインのレクチャーも好評
有料プログラム 毎週日曜日午前中 ラグーンレストランのクッキングクラスが行われます。要予約で、お1人様8,000CFP(パシフィックフラン) で参加できます。ワイン・クラス(皆様にテイスティングをしていただき、それぞれのワインの特徴などをリゾートのソムリエがレクチャーします)もあり、毎週月曜日午前中に、お1人様8,000CFPでご参加可能です。

プライベートラグーンの中には数種のパネルが水の中に設置されていて、それぞれに魚の絵と名前が書いてあり、シュノーケリングしながら自分が見た魚の名前を確かめることができます。また、プールビーチビラのモツにあるガーデンにもパネルが設置されており、島に自生する植物の紹介、ボラボラ島が形成された地質学的な解説、パンダナスの葺き屋根の作り方など、歴史や伝統に関するお話が記されており、散歩しながら学ぶことができます(日本語表記あり)。


これだけは知っておいて!徹底紹介!楽しむテクニック!満載!
ボラボラ島 セントレジス・ボラボラ・リゾート - The St. Regis Bora Bora Resort徹底紹介!はコチラ!

posted by タヒチLOVE at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチアン宅訪問しました!現地の人とも仲良くなるのも旅行を楽しむコツか


現地タヒチアン宅訪問
せっかくの旅行ですから現地の人とも仲良くなるのも旅行を楽しむコツか。
2回目、3回目と行く度に新しい情報も得ることができる。

タヒチアン豆話
タハア島在住のタヒチアンとフランス人のカップルと話して解ったことなどです。
1.タヒチアンの国籍はフランス。彼らのほとんどは若い頃兵役の口実でフランス本国に数年間暮らしてみるそう。兵役は強制ではないのであくまで希望者が、希望する期間。生活費用は国が賄ってくれるのでいい機会だと言っていた。

2.婚姻はフランスの習慣を踏襲している人たちも居て子供がいる人たちでもお互いを「彼氏・彼女」と紹介し、私たちに「婚姻してる?」と確認した。入籍しなくても配偶者の権利があるから敢えてしないのだそう。

3.タヒチアンは日本と言う国は聞いたことがある程度知っていて私たちが黄色いので日本人?と確認した後「JapanとTokyoは同じ島にあるの?」と聞いてくる、本人たちはいたって真面目。タヒチの地図がTOPにあるのでチェックしてみてください・タヒチの地理を知ればその質問はおかしくないことがお分かりいただけるかと。ついでに「シンという都市があるか?」「シャンハイもJapanか?」と別々のタヒチアンから質問があったことも書いておこう。

4.タヒチアンは小学校さえも行きたくない子供は行かない。昼間から泳いだりサッカーしたり遊んで大人になる人たちも少なくない−魚や果物が無料で手に入る環境に居るから真面目に勉強して就職してという考え方が希薄。ただ、学校で正しいフランス語を教えているので学校に行かなかった子供たちはまともなフランス語は話せない。学校では他に英語とスペイン語も教えている。

5.タヒチでは闘鶏が盛んに行われていて子供のころから自分の鶏を育てているそうです。

続きはコチラ→結婚式に列席、午後からタハア本島へ渡ってシェ・ルイChez Louiseでランチ他
posted by タヒチLOVE at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
右斜め上タヒチ情報ランキング

ひらめきランキングに参加中です!わーい(嬉しい顔)
----- 海外航空券が10枚が当たる無料会員登録キャンペーン実施中 ----

24時間即時回答可能な海外格安航空券予約サイト!
海外格安航空券のインターネットで予約を24時間即時回答出来るサイトを、
世界に先駆けて開始した。
24時間いつでも海外格安航空便を空席状況を確認し予約が出来きる。
開設して3年で、会員19万人、売上は30億円を突破した。
格安のエコノミー、ビジネス、ファースト、PEXまでインターネットで24時間 即時予約
回答ができるのは初めてである。。
詳細な季節料金、スケジュール、空席状況が見られる 有益な人気サイトです。常時、
常時、無料海外航空券が当たる会員登録キャンペーンを行っている。
毎日、200以上の新規会員登録のある人気サイトです。

            
http://www.etour.co.jp/
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。