omiyage_tahiti.jpg 失敗しないタヒチ旅行を! 350tahiti-youtube.gif 350-RANKING-1.jpg

2012年05月02日

ハート型のシャッターチャンスありですよ@飛行機の中から


(c) Tahiti Nui Travel - Gregoire le Bacon

これです。

ハート型の島はコレですよ。

▲ハートの形のツパイ島
着陸30分前ぐらいから右側に見え始める
はじめてタヒチに行く人は、今はネットで情報収集をしているのであろう。よく観るこの風景があるが、これは気が付いたら寝てました!とならないように、したいものだ。よくギリギリ到着まで寝てしまう。起されても、寝ているのか、起きているのか、わからない頭がボっーとした状態だとこの風景のシャッターチャンスは逃してしまうかもしれない。また最初に見る感動、感激というのを目に焼き付けたいものだ。また一緒に行く人と機内で語り合いたいものである。

▼一眼レフや携帯カメラでカシャっ!っとね。
これはね、写真好きな人や旅行での思いで作りやDVDにしてもいいくらいの感動的な撮影スポットの醍醐味かもしれません。タヒチ観光局もこのハートは売り出していたり日本でもコレは有名な風景ですよ。女性ならば特に『ハートの島が観たい♪』と言うでしょう。思うでしょう。
人生で味わえる感動がこの島にはあるんですよ。

そのほかに機内での様子はコチラを御覧くださいませ。


posted by タヒチLOVE at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツパイ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏教徒とキリスト教徒での海外挙式とハネムーンは時には悩みやトラブルも。

300_money.jpg

さて、お金の結婚式費用とハネムーン、新婚旅行の話になります。
海外挙式と日本での挙式をどっちらを選ぶのか。
お金の計算というと個々にいろいろとかんがえていますね。
結婚式というのは身内だけで質素にやるのと、お金を掛けて派手にやるということの選択でもあります。
日本ですと神社、寺院でやります。それはそれで個々の信仰というのがあります。
この記事を御覧の方々の中では、もしかすると【結婚式】を教会でしたいんだけどという方がいるかもしれません。しかし、その悩みでなかなか相手を教会での結婚式ということに【賛同】を得られてないという方もいらっしゃるかもしれません。

300_money2.gif
相手が仏教徒で熱心な信者、信仰者の場合は難しい局面を恋愛を通して生じているのかもしれません。
そんなときはよくよく話し合いをして、信仰的なことをよく互いに理解し納得できないところは、素直に話をするというのが良いのかもしれません。
お二人にしかわからない問題というのは結婚式にはよくあることだと思うのであります。

教会というとキリスト教ですからね。

互いの意思を尊重した結果で、キリスト教会で式を挙げるということです。
かといいましても、新郎新婦のどちらかが仏教徒であったとしても話合いでその辺の問題を時には解決し挙式さぜるおえません。

そこで、お金の話にも再度なりますが、300万円というお金が挙式で流れるとします。
それを日本で使うか、海外で使うかという選択肢でございます。

かりに、挙式と新婚旅行、ハネムーンというのは人生の一大イベントでございますから、女性も男性もよくよく話合いをして喧嘩しないで決めるということがとても大切であるのではないでしょうか。

熱心な信仰者の場合は、日本で質素な式をやり、新婚旅行は海外でという選択肢もあります。

お金の使い方を上手にされるのも良いのかもしれません。

同じ300万を一気に使うのか、互いの意思の尊重をしつつ楽しむのか。という選択があると思うのです。
たとえ教会で式ができなくても、新婚旅行の際に行きたい教会に見学をしにいくとかそのような楽しみというのを熱心な仏教徒さんにもお伝えするという選択肢も保持しつつ互いに話をするというのが大切かもしれません。

宗教的なまた信仰的な記事になりましたがこの辺で失礼申し上げます。
有難う御座いました。





posted by タヒチLOVE at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアテア島(ウトゥロア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティオナ教会(タヒチ島 パペーテ) カジュアルな教会挙式を望まれるカップル向け

tio02.jpg
木目とホワイトでシックに統一されたインテリア、開放的な窓からは陽の光が、トロピカルフラワーで飾られたバージンロードが厳粛な中にもどことなくお洒落に感じる清楚な教会。芝生のガーデンには南海の楽園を象徴するハイビスカスの花々も。教会信者さんの賛美歌のメロディーも感動的。

tio01.jpg
●挙式可能日:原則として毎日(※年末年始の指定日、教会祭事の日を除く)
●1日の挙式組数:午後1組のみ
●収容人員:約150人(着席式)
●バージンロードの長さ&色:約15m(白のタイル)
●音楽:教会信者さんの聖歌及びライブ演奏
●進行:フランス語及び一部タヒチ語(日本語通訳あり)
●必須要件:入籍済みのカップルのみ対象入籍証明(婚姻受理証明書等),パスポートのコピー


この教会の結婚式に掛かる費用の相場
ズバリっ!20,0000円程度と見たほうが良いでしょう。あとは、専門旅行会社の担当者との交渉によります。直接にご自身で教会に電話し、FAXし、メールをし段取りするのも良いのでありますが、慣れてないと大変かもしれません。

■ 式場使用料
■ セレモニーマスター、教会への寄付
■ ブーケ&ブートニア(造花)
■ 記念の証明書(セレモニーマスターのサイン入り)※法的効力はありません
■ 教会信者さんから心づくしのタヒチアン料理とソフトドリンク(小祝宴)
■ 介添え&日本語通訳
■ タヒチ島内の主要ホテル/式場送迎(新郎&新婦)

サーチ(調べる)教会⇒カジュアルな教会挙式を望まれるカップルにぴったりの清楚な教会

サーチ(調べる)エンターテインメント⇒挙式を盛り上げてくれる信者さんの厳かな聖歌とライブ演奏

サーチ(調べる)おもてなし⇒信者さんから心づくしの手料理とソフトドリンク(小祝宴)が用意されます

サーチ(調べる)ご同行者⇒国際線がダイレクトインするタヒチ島だからご同行者様に最適の短期ステイも自由自在。

サーチ(調べる)ロケーション⇒タヒチ(フランス領ポリネシア)のゲートウエィのパペーテ(タヒチ島)だから離島への移動も超便利


【サニート派について】
元々は1830年に創立されたモルモン教の宗派。
1844年に会長のJoseph Smith氏が殉教し、モルモン教と現在のSanito-Community of Christ(2001年からこの名称となった)に分派した。
モルモン教の一夫多妻制など諸々の教義に合わないのでSanitoとなった。
サニート教会では裁判所の判決で離婚が宣言されたらそれに従う、離婚経験者でも再婚は可能等々。
モルモン教の本部は米国ユタ州ですが、Community of Christの本部はミズリー州にある。
教会では人種、宗教などなどを問わず、結婚したいと希望する人達の祝福は快くお祝いしてくれる。
挙式には聖歌隊も列席し、祝宴にはカクテル(ノンアルコール)やケーキなどを準備してくれる。

omou_new.jpg

「(日本での)挙式や披露宴でホテルに3〜400万円も払うくらいなら、こっちの方が断然良い。」

新婚旅行も挙式も本当に何もかもが素晴らしすぎました!
73_main.jpg
お住まい 神奈川県
お名前(イニシャル) H.M.様
ご同行者人数 2名様
期間 8日間
出発地 成田
主として訪れた島 ボラボラ
主要滞在ホテル ボラボラ・ラグーンリゾート&スパ
式場 ティオナ教会


一部、手配漏れなどありましたが、その際の「リカバーが素晴らしい」と、主人が大変感心しており(特に日本から電話をかけてきてくれたことに感激していました!)、かえって好印象となりました。
また、数々の親切なアドバイスがとても役に立ちました。

彼の両親もタヒチでの挙式を見て、「(日本での)挙式や披露宴でホテルに3〜400万円も払うくらいなら、こっちの方が断然良い。」と言ってくれてました。

旅行前に仕事を辞めましたので、タヒチの余韻に浸りながらしばらくはのんびりしようと思っています。(主人はたくさんのタヒチ土産を手に今日から出社しましたよ)

私たちと両親の4人にとって生涯忘れられない最高の経験になりました。これも全て専門業者さんのおかげと思っています。

これからも、多くの人を幸せにして下さいね。

さて、まずはタヒチ島での挙式ですが、天候に恵まれ快晴の中行われました。小さな教会でしたが、白い花と緑の葉でかわいらしくデコレーションがされていて、後で専門業者さんに聞いたのですが、なんと前日から信者さんたちが準備をしてくれていたそうです!

牧師さんも素敵な女性で、私たちが上手く誓いの言葉を述べたり、指輪交換をしたりすると笑顔で親指を立て、うなずいてくれるのです。
おかげで全く緊張しませんでした(^^)

日本のチャペルなどでの形式ばったものとは違って、聖書朗読や牧師さんの祝辞に大変重みがあり、しみじみと「私達結婚したんだ。二人で生きていくんだ。」と実感することができました。

なにより同行していた彼の両親も大満足だったのがとっても嬉しかったです。

一夜空けて、ボラボラへと新婚旅行に向かいました。
ここでは彼の両親はホテルボラボラ。私たちはボラボラ・ラグーンリゾート&スパへと別れて、滞在することになりました。

ボラボラ・ラグーンリゾート&スパでは水上コテージに泊まったのですが、お部屋がオテマヌ山を正面に見る事ができる絶好のロケーションでした。部屋に入って最初の数分間は本当に自分がこの風景を肉眼で見ているのが信じられないほどでした。

ボラボラではサンセットクルーズやボートレンタルをしてシュノーケリングを楽しみました。
サンセットクルーズはツアーにもともと付いていたのですが、これはとても美しかったです。彼と話すのさえ、ささやき声になるほど神秘的な時間、風景でした。これをあらかじめツアーに付けてくださった皆さんに感謝します。

まだ雨季と一般には言われている3月の後半にタヒチを訪れたのですが、幸運にも雨は夜中に一度降ったくらいで、日中に雨は降りませんでした。これも今回の旅を素晴らしいものにしてくれた一片だと思います。

最後にボラボラを去るとき、彼と「30年後にまたタヒチを訪れて、式を挙げた教会に行こう」と約束をしました。

その時はまた専門業者さんにアレンジをお願いしたいと思います。

本当に素敵な挙式&新婚旅行でした。ありがとうございました。

▼教会一覧は以下より御覧ください。

カトリック教会で日本人カップルの挙式についてはコチラ

タヒチでは、主要なカトリック教会で日本人カップルの挙式(ブレッシング)を認めています。いずれも真っ青なラグーンや空、そびえたつ山々を借景にしたドリーミングそのものの抜群の ロケーションです。

▼専門業者の選び方

タヒチ旅行費用は、8万円〜10万円程度の節約ができる?

正直価格がいくらなのか?が非常にわかりずらいです。 消費者にとっては非常にわかりずらい話になります。 比較をするということが難しい?からです。
posted by タヒチLOVE at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教会(結婚式場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
右斜め上タヒチ情報ランキング

ひらめきランキングに参加中です!わーい(嬉しい顔)
----- 海外航空券が10枚が当たる無料会員登録キャンペーン実施中 ----

24時間即時回答可能な海外格安航空券予約サイト!
海外格安航空券のインターネットで予約を24時間即時回答出来るサイトを、
世界に先駆けて開始した。
24時間いつでも海外格安航空便を空席状況を確認し予約が出来きる。
開設して3年で、会員19万人、売上は30億円を突破した。
格安のエコノミー、ビジネス、ファースト、PEXまでインターネットで24時間 即時予約
回答ができるのは初めてである。。
詳細な季節料金、スケジュール、空席状況が見られる 有益な人気サイトです。常時、
常時、無料海外航空券が当たる会員登録キャンペーンを行っている。
毎日、200以上の新規会員登録のある人気サイトです。

            
http://www.etour.co.jp/
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。