omiyage_tahiti.jpg 失敗しないタヒチ旅行を! 350tahiti-youtube.gif 350-RANKING-1.jpg

2011年12月20日

ホテルは世界屈指のビーチリゾートだけに、そのサービスはまさに 5ツ星クラス

poli-4.jpg
原則として夕暮れ時に、色彩豊かなトロピカルフラワーやココナツの木々に囲まれた 波静かなラグーンに面したビーチで、伝統的なタヒチ流の儀式に則りセレモニーが進行します。
白いパレオ(ウエディングドレスでも可)に包まれた花嫁は2名のタヒチアン若い女性に付添 われ陸路で、ウクレレとギターが奏でる"ハレ・マイ・ナ・タウ・ヘレ(タヒチの伝統的な愛の歌)"に合わせて挙式場に到着します。
パレオ(タキシードでも可)姿の新郎は、タヒチアンの勇者に伴われてラグーンより カヌーで花嫁の待つ式場に向かいます。
司祭は、純白のティアレの花のレイを手渡し、お二人は誓いの証しとしてお互いにレイを 交換し、香り豊かな花の冠で飾られ、ココナツ水により「洗礼」を受けた後、両名に タヒチアン・ネームが、授けられた後、タパ製の結婚証明書(法的効力無し)に署名します。
さらに、ティファイファイの儀式(大きなキルトに二人が一緒に包まれ、タヒチアンダンサー達が 踊りや歌で祝福する儀式)でセレモニーを最大に盛り上げてくれます。 トーチの炎の下、最大にロマンチックなウエディングセレモニーとなることでしょう。


tahitiWed_hotel.jpg

タヒチのホテルは世界屈指のビーチリゾートだけに、そのサービスはまさに 5ツ星クラスです。 特に、人気の水上バンガローに滞在のカップルの特典として、挙式後に自分達のバンガローのベランダで、 南十 字星を眺めながら二人だけのシャンパンセレモニーやフルコース・デ ィナーを楽しめます。 フランス領ポリネシア随一の世界的人気を誇るボラボラ島のカリスマホテル“ホテルボラボラ”をはじめ首都パペーテの名門ホテル“タヒチ・ビーチコマー(インターコンチネンタルリゾート)”や、 シェラトン・ホテルタヒチ(旧アウトリガー)、さらにボラボラ島最大の景勝の地「マティラ岬」のボラボラ・ビーチコマーなどの一流ホテルで!


tahitiWed_poly.jpg
その他、市庁舎でのリーガル挙式、大型クルージングシップ(ポール・ゴーギャン号)や豪邸でのセレモニーなどで様々なスイタイルの結婚式をお選びいただけます。

また、豪華セダン(大型ベンツ、ルノー、プジョー)での送迎や、フレンチ〜イタリアン〜チャイニーズ・レストランでのパーティプランも!







posted by タヒチLOVE at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポリネシアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水上バンガローも、ベランダから正面にオテマヌ山が見えるし、内緒ですけど、夜ベランダからルアー投げたらいっぱい魚釣れましたヨ!

28_main.jpg
お住まい 千葉県
お名前(イニシャル) T.Y.様
ご同行者人数 2名様
ご出発日(期間) 8日間
出発地 成田
主として訪れた島 ボラボラ
主要滞在ホテル その他

毎日お魚達と戯れて最高でした。
タヒチから帰ってきました!
天気も良かったし、ボラボラ・ラグーンリゾート&スパ、波の音と日差しだけが静かに降り注ぎ、時間が止まったようなとてもいい雰囲気でした。
そんな中、毎日お魚達と戯れて最高でした。
水上バンガローも、ベランダから正面にオテマヌ山が見えるし、内緒ですけど、夜ベランダからルアー投げたらいっぱい魚釣れましたヨ!

初日、たまたまその水上バンガローが空いていたので、朝着いたらすぐにチェックインさせてくれましたし。

おかげで、のんびりまったり、夢のような毎日を過ごすことができました。

またいつか、お金をためて行こう!っと二人で話しています。

社会復帰が大変でしたけど、いい新婚旅行ができて本当に良かったです。ありがとうございました。




31_main.jpg
お住まい 埼玉県
お名前(イニシャル) Y.K.様
ご同行者人数 2名様
ご出発日(期間) 8日間
出発地 成田
主として訪れた島 ボラボラ
主要滞在ホテル インターコンチネンタル・ル・モアナ・リゾートボラボラ
式場 聖ジョン・バプティスト教会

これからタヒチ貯金をすることにします!
お世話になっております。
天候にも恵まれ、とってもすばらしい結婚式を
挙げることができました。

Tさん、Yさんに大変良くしていただき、とても感謝しております。

わざわざ別の日にお色直しをしていただき、本当に大満足です。
一生のすばらしい思い出になりました。
タヒチにすっかり魅了されました。

これからタヒチ貯金をすることにします!
posted by タヒチLOVE at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式はインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラの ビーチで行いました

350-1.jpg

お住まい 茨城県
お名前(イニシャル) N.Y.様 VOL.04
ご同行者人数 2名様
ご出発日(期間) 10日間
出発地 成田
主として訪れた島 ボラボラ
主要滞在ホテル インターコンチネンタル・ル・モアナ・リゾートボラボラ
式場 トレジャーラグーン・ウエディング

ボラボラ島での結婚式
○結婚式について

結婚式はインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラの
ビーチで行いました。

出発の何日も前からワクワクドキドキしていた
タヒチの旅が終わってしまいました。
今は二人で「これから何を楽しみに暮らしていけば
よいのか…」と、ちょっと抜け殻のようになっています。

挙式は到着日の翌日というのは正解ですね。

着いた日は時差ボケもあって部屋でボーっとしたりして過ごしていましたが何日も海へ入るのを我慢はできないし海へ入ってしまうと日焼け止めを塗ってもあっという間に日焼けしてしまうから。

結婚式は参列者がいませんでしたけどそれで良かったと思います。

暑くて大変でしたけどとても楽しい式ができたと思います。

ホテルもインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラにして良かったと思います。

まあ、ホテルボラボラに行っていないので
比較はできないのですが、私たちは泳ぎがあまり得意ではないので浅瀬がずっと広がって
いるこのホテルで安心して、ずっとずっとシュノーケリングをしていました。

マティラ岬にあるというロケーションも良かったと思います。
近くにある公の海水浴場、そこも遠浅になっていて、そこにも行きましたし、毎日そこに夕陽を見にいきました。

毎日毎日素晴らしい眺めでした。
ホテルの近所のスナックマティラの女の子とちょっと仲良く
なれて楽しかったです。

ホテルの人はみんなフレンドリーで居心地がよかったし、
ガラスのテーブルがあったのもやはり良かったと思います。

テーブルの下には人工的に珊瑚ができるようになっているので
そこに魚が集まっていて、テーブルは半分開けることができた
ので気が向けばテーブルを開けて魚にパンをあげてました。

ボラボラ島は本当にパラダイスでした。

ボラボラ島滞在を一日でも長くしたほうがいいと勧めてくれた
皆さんに感謝します。

イースター島に行かないことにして本当に良かったです。

夢のような素敵な旅行ができたと思います。
タヒチウエディングベルさんに挙式&ハネムーンを頼んで
本当に良かったと思います。

マルルゥ

ヘイヤバ タネ &ヴァヒネ

追伸
やめたほうがいいのではといわれていたタトゥなんですが、ホテルの近所にタトゥ屋さんがあってそこで頼んでしまいました。

時間はどのくらいかかるのか、お金はどのくらいかかるのか等を聞いたところ、タトゥを入れたら海に入れないし、陽にも当ててはいけないから最終日にしたほうがいいと言われて最終日の
午前中に行きました。

最終日の9時からと予約して店?家?に行き、どんなのをどこに入れたいかを打ち合わせをして下書きをしてくれてすぐに始めました。

料金は1時間:XPF10,000で、
2時間かかったのでXPF20,000でした。

始めだけちょこっと通訳についていって、入れ始めたら私はホテルに戻り一人でシュノーケルを少し
楽しんで、11時過ぎても帰ってこないので迎えに行くとタトゥは終わっていて、言葉が通じないのに打ち解けてヒナノビールをごちそうになっていました。

インコチから周道に出て、ホテルボラボラの反対方向に5分程歩いて行ったところに、海側と山側に向かい合わせに2件もタトゥ屋さんがあって私たちは山側に行きました。

ファティさんという方がタトゥを入れてくれてフランス人らしき白人の奥さんがキルトを作って売っていました。

タトゥを入れた人の寄せ書きを見せてもらったのですが何人か日本人も入れていました。

もし私たちみたいにどうしてもタトゥを入れたいと言う人がいたら参考にして下さい。



私たちは参列者は誰もいませんでした。

タヒチ挙式に決めたからと親・兄弟・親戚・友人に告げると最初は「行く!行く!」と言っていたのですが

日程・お金の面で誰も来なくなりました。

参列者がいないと嫌だという人はここでの挙式はお勧めではないかもしれませんね。

ただ、私たちがこだわったのは生演奏&ダンサー達の格好。

ダンサーの人達がココナツブラで腰ミノみたいな方が

タヒチらしくていいなぁということでした。

そしてもう一点、パペーテで式をするにはパペーテで宿泊しなくてはいけないじゃないですか。

ボラボラ島滞在にこだわるんならその為の一泊すら
惜しかったのです。

式は期待通りの楽しい式になったと思います。
ホラ貝から始まりカヌーでビーチまで行き
体格のいいタヒチアンに抱えられ式場へ。

段取りを書いた紙を事前にもらっていて実は前日にちょっと練習をしていたのですが
全然段取り通りでなくあれ?あれ?という感じでしたがまあ良かったと思います。
タヒチアンネームをもらいました。

タヒチアン達が私達の為に歌い踊り、途中からはみんなで踊り楽しかったです。
司祭さんまで演奏に加わっていました。

参列者がいなくてもホテルの人達がひょっこりやってきておめでとうと言ってくれました。

ホテルの隣に住んでいるおじさんはペットのかわいい
子豚ちゃんをリードにつないで見にきていました。

○オプションについて

タヒチウエディングベル
さんに頼んだオプションは、
・エステ(マッサージ)
・ヘア&メイク
・ヘッドドレス
・リングピロー
・フラワーシャワー
・アルバム&DVD
・パレオでヴァイタペフォトツアー
だったと思います。

エステは、インターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラにはスパの施設はありませんでした。

インターネットのどこかの情報にインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラに
スパ施設が200×年にオープンなんて書いてありましたがガセネタです。

ですが部屋にマッサージの人がきてくれて全身マッサージを
してくれます。

時差ボケや移動で疲れていたので自分の部屋でやってくれてむしろリラックスでき良かったと思います。

持ち運びのできるマッサージ用のベッドを持ってきてそこでやってくれました。

とても気持ちよかったです。

結婚式の関係者用のプレゼントを用意していてそれをあげたかったのですが足りなくなるといけないのであげれませんでした。

どなたかインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラでマッサージを受ける方がいたら代わりにあげてほしいです。

かわいくてスタイルのいいアフリカ系の方のようでした。
ほんとにいいマッサージさんでした。

リングピロ−はフラワーシャワー用の花もいっしょにのっていてとてもかわいくゴージャスになっていました。

フラワーシャワーは最後にタヒチアン達が陽気にまいてくれて頼んで良かったと思います。

フォトツアーも頼んで良かったと思います。

ボラボラ島はきれいなところがたくさんあり、そこでプロに写真を撮ってもらえるので
とてもいい記念になると思います。

アルバムはまだ出来ていないのですがとても楽しみです。

結婚式は着いて二日目なのであまりボラボラ島探索などもできていないのでフォトツアーでボラボラ島観光ができました。

写真撮影が終わってから、ドライバーさんが親切にも島一周ドライブをしてくれて、そこで竹下さんがここはこういう所よと説明をして下さいました。

ボラボラ島には様々な植物も生えていてそれについても竹下さんは色々説明して下さいました。
楽しいドライブでした。

フォトツアーはパレオにお色直しをして良かったと思います。

ほんと、ウエディングドレスとタキシードの式は暑くてもうろうと
していました。

他の人達の式の写真をみてみると皆さんさわやかで暑さなんてちっとも感じないのですが、実際はものすごく暑かったです。

式の後、ケーキカット&シャンパンセレモニーがあり、やっと脱げると思ったらほっとしました。

でも女の子に生まれてきたからには結婚式にウエディングドレスを着るのはずっと憧れていたことなので、そこは暑かろうが妥協できない点でした。

旦那さんには悪いことをしましたが、ドレスを着て式ができて満足しています。

しかし暑さで倒れる人もなかにはいるようなので、そんなに思い入れがないようならパレオで式をした方が楽だと思います。

暑い暑いビーチで二人だけタキシードとドレスを着ていて「私達、浮いているな…」と実は感じていました。

DVDは最終日デイユースのホテルの部屋に届いていました。
帰ってから早速見ました。
自分達の姿って恥ずかしいもんですね。
私ってこんな動き方しているんだぁ…
でも私達には参列者がいなかったので、
親や親戚や友人に様子を伝えるには頼んでよかったと思います。

ホテルやあちこちでタヒチアンミュージックが流れていてそのCDを買ってきたかったのですが買うことができませんでした。

しかしDVDにBGMとしてそれらのタヒチで耳にした曲が入っていたのでそれを流してタヒチを思い出しています。


posted by タヒチLOVE at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ結婚が決まり新婚旅行を決める段階で各旅行会社のパンフレットなどを集めていると新婚旅行&挙式ができる事を知りました。

35_main.jpg

タヒチに辿り着くまで

新婚旅行は絶対タヒチ!
ボラボラ島に長年あこがれていた私はずっとそう思っていました。

いざ結婚が決まり新婚旅行を決める段階で各旅行会社のパンフレットなどを集めていると新婚旅行&挙式ができる事を知りました。

日本の一般的な結婚式ではいろいろ「ご挨拶」などしなければならず、そんなことがめっぽう苦手な旦那さんは日頃から
「結婚式はやらない」と言っていたのですが、「これなら結婚式をやってもいいよ」ということで挙式&ハネムーンをタヒチでやろう!ということになりました。

私たちがタヒチにたどり着くまで、
何件かのウエディングプロデュース会社や旅行会社から資料を取り寄せたり、まわったりしました。

しかしどこもしっくりこない…

なんで着いた日、帰る前の日は必ずパペーテに宿泊しないといけないの?

到着して次の日は結婚式の打ち合わせ、その次に結婚式、ボラボラ島で自由な日はその後一日しかない!

などせっかくタヒチ旅行が台無しじゃない!!

大金かけて時間かけて行く憧れのタヒチ旅行がそんなんでは納得いかない。

そんな思いでネットでどこかいいとこないの?探しまくりました。

そのうちどこかのタヒチに関する掲示板に辿り着き、その書き込みの中に見つけたのです。

早速相談のメールを送りました。

するとすぐに具体的なプランや見積もりの返事が届きました。

これこそ求めていたプラン!


○旅行&結婚式を決めるまで

何回かのメールのやりとりがあり、
実際にタヒチウエディングベルに行ってみよう!
ということになりました。

スタッフの方のお話しや資料やDVDなどいろいろ参考に
なりました。

私たちの住んでいるところからはちょっと遠かったのですが行った甲斐があったと思います。

欲張りな私たちは一時期イースター島にも行ってみたいと思っていたのですが、ボラボラ島に一日でも長く滞在する方が絶対いいというアドバイスからボラボラ島滞在をなるべく長くできるプランにしました。

これは全く正解だったと思います。
結局私たちはインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラに7泊したのですが、それでももっともっといたかったと思い、言うことを聞いておいて良かったなぁと思いました。

それから何度かのメールのやりとりで結婚式の日取りと場所、旅行の出発日と帰国日、滞在ホテルを早めに決め衣裳をどうするとかオプションをどうするとかを出発の一ヶ月前くらいまでに決めました。

オプションは結婚式以外のアクテビティなどは行ってからホテルで申し込めるので、忙しい日程でないなら行ってから天候や気分で決めればいいと思います。

とにかくホテルが快適だったのでずっとホテルでのんびり過ごすというプランで全然問題ないです。

それから何度かのメールのやりとりで結婚式の日取りと場所、旅行の出発日と帰国日、滞在ホテルを早めに決め衣裳をどうするとかオプションをどうするとかを出発の一ヶ月前くらいまでに決めました。

オプションは結婚式以外のアクテビティなどは行ってからホテルで申し込めるので、忙しい日程でないなら行ってから天候や気分で決めればいいと思います。

とにかくホテルが快適だったのでずっとホテルでのんびり過ごすというプランで全然問題ないです。

34_main.jpg

○ホテルについて

欲張りな私たちは一時期イースター島にも行ってみたいと思っていたのですが、
ボラボラ島に一日でも長く滞在する方が絶対いいというアドバイスからボラボラ島滞在をなるべく長くできるプランにしました。
これは全く正解だったと思います。

結局私たちはインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラに
7泊したのですが
それでももっともっといたかったと思い、言うことを聞いておいて良かったなぁと思いました。

ホテルをインターコンチネンタルに決めた理由は

・経済的な面と(ホテルボラボラに
 比べると一泊1万以上は変わるから)

・ボラボラ島本島であるということ

・ガラスのテーブルがあるということ
・遠浅の海がずっと広がっているということでした。

インターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラは
朝食が付いていました。

これを毎日払うとなると一人一日XPF3,800くらいかかるようです。
この点でもインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラにして助かりました。

バイキング形式になっていて行くと席に案内されてコーヒーか紅茶か聞かれます。

紅茶にするとお湯の入ったポットをくれるのでバイキングのどこかにティーバックがあるので好きなのを選んできて自分で入れます。

ハーブティも中に混じっていろいろなるので

ハーブティが嫌いならよく見た方がいいかも。

入り口付近に卵とチーズと野菜の刻んだのがおいて
あります。

卵は生卵でそこでオムレツやら目玉焼きやら焼いて
くれます。
刻んだ野菜はその具です。
「ゆで卵かしら?」
なんて言って卵を持って行こうとしていた人達が
いました。
気をつけて下さい、生ですから。

・ボラボラ島本島であること
これはモツ(環礁の無人島)にあるホテルと比べた
場合の話しです。
私達はレンタサイクルを借りてサイクリングをしてみたり
歩ける範囲でもうろうろ近所を探索したりしていました。
ご飯を近所の店で食べてみたり、スーパーでサンドイッチを
買ってビーチで食べたりもしました。

近所の女の子や犬なんかとも仲良くなり楽しく
過ごせました。
モツにあるホテルだとこのようなことはできなかったんだなと
思います。

ガラスのテーブル、これは想像以上に良かった気がします。
テーブルの下は人工的にサンゴができるようになっていて
そこに魚が集まるようになっていました。
テーブルはスライドして半分開けることができ、
ビーチで魚にあげるようのパンをくれるので
気が向けばテーブルをあけて魚にパンをあげてました。
テーブルの下も照明がつき夜も見ることができます。

遠浅の海が広がっていることも大変良かったです。
私達は泳ぎがあまり得意ではないので
腰くらいまでの穏やかな海がずっと広がっているので
大変助かりました。
ビーチでシュノーケルと足ひれを借りて泳ぎが得意でないのに
安心してずっとずっとシュノーケリングを楽しんでいました。

ビーチから離れた方のバンガローに近い所にサンゴが
たくさんあってそこに行くと沢山のきれいな魚が泳いで
いました。
ビーチで魚用のパンをもらい袋に入れてそこまで
泳いでいきパンをほぐしてあげると魚が沢山集まってきて
とても楽しかったです。

気が付くと知らない白人のおじさんが近くにいて
「オー、ゴージャス!!」
大興奮していました。

浮き輪を持っていったのですが全く使いませんでした。
浮き輪なんてなくても沢山楽しめるので持っていかない方が
いいです。邪魔です。

あと、気が付いたのは浅いところは海がエメラルドグリーンで
深くなるとブルーがかってくるようで、
だから遠浅のこのマティラ岬周辺の海はとてもきれいでした。

インターコンチネンタル・ル・モアナリゾート・ボラボラにも
マンタがいました。

ほぼ毎日発見しました。

一度は一緒に泳ぎもしました。小さいですけどね。
posted by タヒチLOVE at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスクラスの飛行機、6日間のコースでホテルボラボラ水上バンガロー

37_main.jpg

お住まい 神奈川県
お名前(イニシャル) S.K.様
ご同行者人数 2名様
ご出発日(期間) 6日間
出発地 成田
主として訪れた島 ボラボラ
主要滞在ホテル ホテルボラボラ

ビジネスクラスの飛行機にして良かったです。
大変お世話になりました。
S.K.です。

結婚式を無事行い、6日間のコースでホテルボラボラ水上バンガロー
コースに行って来ました。

しみじみ、貴社にお願いして良かったなあと感じました。

まず、ビジネスクラスの飛行機にして良かったです。
特別ラウンジの利用から始まり、乗り降り、荷物出し入れも
特別扱いで早く、もちろん機内でもエコノミーでは考えられない
快適さでした。想像以上の幸せ感でした。

ホテルボラボラですが、なんと128号室に泊まれました。

しかも終始、日本人スタッフのMさんが、
ほとんど専属のような形でケアして下さり大変感謝して
おります。

お部屋は本当に私たちの素敵な家という感じで、
朝は水面に反射した光が天井をゆらめきまるで、海の中に
いるかのようでした。
夕方のベットから眺める夕陽は本当にうっとりと
してしまいます。

もちろん、シュノーケリングもメインビーチの美しさも
忘れられません。

初日のプライベートディナーも二人だけの海辺の先で夕陽を
見ながら、星をみながらゆっくりと豪華なコースを頂く、、
とても贅沢な時間でした。

途中Mikiさんや副支配人の方が顔を出して下さり
嬉しくなりました。

実は妻が途中、体調を崩してしまい部屋から出られない
状態だったのですが、
Mikiさんと副支配人の方がわざわざ部屋までお見舞いに来て
下さり、二人でつくったというお粥とお味噌汁をごちそうして
下さりました。
その味は忘れられません。

我々はほとんどの時間を部屋で過ごしました。
食事もほとんどルームサービスでした。
そのため、静かな美しい自然の中に身を委ねながら、
時間も気にせず、ほんとうに久々に
二人だけで時間を過ごせたことは、何よりの財産となって
おります。

現地スタッフの方々も大変親切でした。
他の、トラベル会社とはワンランク上のホスピタリティー
でした。
帰りの飛行機も妻の体調を気遣って頂き、窓側後方の席を
用意して頂き感謝しております。

タヒチ本島のインターコンチネンタル・リゾート・タヒチも
本島で一番とされているだけあり、スタッフは皆さんとても
親切で気さくでした。内装もなかなか素敵でした。

でも、ホテルボラボラとはまるで
次元の違う世界であると言わざるをえません。

ホテルボラボラの素晴らしさを再確認させられました。

我々は、また来たいねと思うことは少ない方なのですが、
ホテルボラボラは、いつかまた訪れたい、あの自然の優しさに
また身を委ねたいと思ってしまいます。

心から貴社にお願いして良かったと思います。

事前の諄いまでの、私の質問や要望にも迅速に温かく的確に対応して
頂き、本当に感謝しております。

また、なにかの節目にお世話になれたら嬉しいです。

この度は本当にありがとうございました。




36_main.jpg
お住まい 茨城県
お名前(イニシャル) N.Y.様
ご同行者人数 2名様
ご出発日(期間) 10日間
出発地 成田
主として訪れた島 ボラボラ
主要滞在ホテル インターコンチネンタル・ル・モアナ・リゾートボラボラ
式場 トレジャーラグーン・ウエディング

ボラボラ島でのアクティビティなど。。

その他、私達は
・タヒチアンダンスショー
・ファイヤーダンスショー
・レンタサイクル
・サメの餌付けツアー
を申し込みました。

後で知ることになったのですが結婚式のダンサー達は
火曜のファイヤーダンスショーのダンサーチームでした。
火曜にファイヤーダンスショーを見て
「この人達が私達のために踊って歌って演奏してくれたのかぁ」
とますます感動しました。
迫力のあるいいショーでした。

到着した土曜日にもダンスショーがあり、
そちらも見たのですが、
どちらも楽しくいいショーだったと思います。

自転車を借りてヴァイタペまで行ってみました。
普段けっこう自転車に乗りなれているので平気だと
思っていたのですがタヒチの暑さをなめていました。

途中から、「私熱射病かも…」
暑さで頭が痛く、気持ち悪くなってきました。

途中で休憩しようと近くの海に行こうとしたのですが
野良犬が集団でこちらの様子をうかがっているので怖くて
休憩できませんでした。
ボラボラ島には沢山犬がいました。
しかもでかい。

ヴァイタペに到着し、気分が悪い。
カフェテリアで、ジュ・ドゥ・アナナス(パイナップル
ジュース)を頼みました。
ちょっと生き返った。

旦那さんはどこにいってもヒナノ(ビール)です。

あそこはクーラーがきいてそうだからちょっと涼もう。
なんてふらりと真珠屋(お土産屋?)さんに
入ってしまったら日本人の店員さんがいてあれよあれよと
沢山買い物をしてしまいました。

ボラボラ結婚記念に黒真珠♪
買ってしまいました。うふふ。
あんなにぐったりしていたのに結構元気になってきました。
店員さんが「自転車はすぐそこで返せるから店の車で送りま
しょうか?」と言ってくれました。
助かった!

店員さんの話だと私達のようなパターンは少なくない
ようです。
自転車は体力に自信がない人はやめた方がいいかも
しれないですね。
無料送迎してくれる真珠やさんなんかを使うのがいいかも
しれないです。

観光案内所近くの建物でおばちゃんたちが
たくさんお土産を売っていました。
値段だけは日本語で言える人が多かったです。
タヒチではお金の勘定が間違えることが多いような記事を
読んだことがあるのですが
私達は一度も間違えられたことはありませんでした。

日本流の半端な小銭を出す習慣も全然平気でした。
他の国に旅行に行ったときは大きなお札と小銭で出すと
計算できなくて小銭はいったん返されて、
沢山の小銭のお釣りをくれるなんてパターンは何度か
経験しましたが、タヒチではそんなことはなかったです。

サメの餌付けツアーはホテルのアクティビティデスクで
頼みました。
同じツアーには他に日本人のカップルが3組と
白人カップル一組、スペイン人の親子とアメリカ人の
親子でした。

足の立つ所だという話だったので、大丈夫だと思っていた
のですが、背の低い私にはギリギリつくかつかないかという
感じでした。

ロープにつかまって足を浮かせろという指示だったのですが
ロープにつかまれずロープの向こうのサメエリアに流されそう
になり、旦那さんに助けてぇ…としがみついていました。
ちょっと怖かったです。

その後サンゴエリアに行ってサンゴや魚を見、船で移動して
マンタを見ました。

マンタは…最後の方は女の人達はみんな悲鳴をあげます。
面白いです。
行ってみてのお楽しみです。

最後にモツに行ってフルーツを食べました。
そこでスペイン人親子と話をしました。
楽しいツアーでした。
アクティビティに何かしら参加してみてもいいものだと
思いました。

ツアーの間中ずっとビデオ撮影をしていました。
そして帰りの船でそのDVDを買うか聞かれます。
ツアーよりも高い結構なお値段でした。
でもね、楽しかったので、ノリで買っちゃいました。
声は全然入っていません。
全てタヒチアンミュージックのBGMになっていました。
ツアーの間カメラに向かってああ言えこう言え言って
たのに…


○持っていってよかったもの悪かったもの

☆日焼け止め&日焼け後のローション

日焼け止めはもちろん持っていったのですが足りなくなり
現地で購入。
でも向こうのはきついのかちょっとかぶれてしまいました。

旦那さんは日焼け止めを塗るよう注意したのですが
大して塗らなかったので夜ヒリヒリして眠れないと言って
大変でした。

日焼け後のローションとしてニベアのリフトアンドストレッチ
かな?を持っていきました。
これは別に日焼け後のローションではなく、
普段のボディケア(夏用)に使用していたのですが
これを塗るとスース−するなぁと思っていたので日焼け後の
火照った肌をクールダウンさせるのに使用したことがありました。

痛くて眠れないという旦那さんに
ニベアをたっぷり塗って手拭いを被せて湿布しました。
ようやく寝てくれました。
タヒチにも日焼け後のローションが売っていたのですが
あまり効きませんでした。

☆水中撮影用のカメラ

水中撮影用の使い捨てカメラを持っていきました。
ホテルの周りにきれいな魚がいるので、
シュノーケリングしながら撮影したり
サメの餌付けツアーでも夢中で撮影していました。
結構楽しめます。

☆スリッパ

海外のホテルはそういうものかもしれませんがスリッパが
ありませんでした。
バンガローは毎日掃除してくれるし裸足で歩くと気持ち
いいのですが、ビーチで遊んで帰ってくるとどうしても
部屋のなかに砂が入ってしまい、そうすると床がじゃりじゃりして
しまいます。
あるとよいです。

他に
・セロテープ
・はさみ
・筆記用具
が役にたちました。
あとは、サングラスはあった方がいいです。
まぶしくていつの間にかしかめっ面になっていました。

いらないものとしては
・浮き輪
・沢山の着替え
・ディナー用のシャツ(男用)
でした。

泳ぎが得意でないので浮き輪がないと
と思って持っていったのですが
結局つかいませんでした。

現地では大体
女 水着+パレオ
男 水着+アロハ
ですごしました。
私はあんまり着替えを持っていかなかったのですが、
旦那さんは「入るんだから持っていけばいいよ」
と沢山着替えを持っていったのに
行きにパペーテ→ボラボラの乗り継ぎの合間に買ったアロハばかり
着ていました。
現地でTシャツやらパレオやら何かしら買って着たくなるので
着替えは最小限にして荷物を減らす方がいいと思いました。


○最後に

色々沢山書きましたが、タヒチ旅行はとにかく夢のような幸せな
日々でした。

「一生に一度の贅沢」と思って行ったタヒチですが
「今度はいつ行こうか」なんて帰ってきてからよく話しています。
旦那さんは「タヒチに帰りたい」とまで言ってます。
posted by タヒチLOVE at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
右斜め上タヒチ情報ランキング

ひらめきランキングに参加中です!わーい(嬉しい顔)
----- 海外航空券が10枚が当たる無料会員登録キャンペーン実施中 ----

24時間即時回答可能な海外格安航空券予約サイト!
海外格安航空券のインターネットで予約を24時間即時回答出来るサイトを、
世界に先駆けて開始した。
24時間いつでも海外格安航空便を空席状況を確認し予約が出来きる。
開設して3年で、会員19万人、売上は30億円を突破した。
格安のエコノミー、ビジネス、ファースト、PEXまでインターネットで24時間 即時予約
回答ができるのは初めてである。。
詳細な季節料金、スケジュール、空席状況が見られる 有益な人気サイトです。常時、
常時、無料海外航空券が当たる会員登録キャンペーンを行っている。
毎日、200以上の新規会員登録のある人気サイトです。

            
http://www.etour.co.jp/
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。